*

ハラジロカツオブシムシ

NasuMediaです。

ご存じのとおり、アメリカのドラマBONES-骨は語る-は、法人類学者テンペランス・ブレナンとFBI捜査官シーリー・ブースがコンビを組んで難事件を解決していきます。

テンペランス・ブレナン率いるジェファソニアン法医学研究所のラボのメンバーが、身元がわからない損傷の激しい遺体を、彼らの持っている知識、技術を使って身元を特定していきます。

特にタイトルにも使用されているにこだわった、ユニークな視点からの事件解決のストーリーは大いに楽しめます。

私はこのドラマがかなり好きなのですが、このブログテーマともかなりオーバーレップしますので、このドラマに登場する骨にまつわるちょっと気になったことを、ご紹介していきます。

BONES-骨は語る-シーズン1の第2話に登場するのが、表題のハラジロカツオブシムシです。

劇中では車の爆発により体が激しく損傷した被害者の体に、ハラジロカツオブシムシをまき散らし、被害者の骨の回りに残っている肉片を食べさせて骨だけにするためにこの虫を利用しています。

ハラジロカツオブシムシ(腹白鰹節虫)は、カツオブシムシの名前のとおり、日本ではよく鰹節につく害虫として認識されています。

成虫、幼虫とも肉食性で乾燥食品を好みます。(鰹節はそのものですね)

体長は7~10mmで背面は黒色で長毛を密生するそうです。

世界の主な博物館では、学術用の骨格標本を作るために、このドラマBONES-骨は語る-のようにハラジロカツオブシムシの幼虫で、骨格についた肉を食べてもらっているようです。

ちなみにこのサイトで出てくる骨は、細かい肉片をとるのにポリデントに漬け込むみたいです。

 

【参考サイト】 殺人事件とハラジロカツオブシムシ

 

 

関連記事

新着記事

no image

キリンの首の長さ

映像を見る間でもなく、キリン首は長いです。 「キリンの頸椎は...

記事を読む

ホネ取り便利グッズ

….というわけで骨格標本作りに使う道具の紹介と解説でも〜と思ったんだけ...

記事を読む

no image

海外から○○を持ち帰る方法とは

友人のKさんが9月に台湾に行くらしい。 「いいなぁ〜。あ、おみやげに...

記事を読む

間違い探し

前にアップした鶏手羽先の骨格標本の写真。 実は骨のくっつけ方...

記事を読む

ヤモリの骨

現在製作中のトッケイヤモリ全身骨格。 トッケイヤモリは日...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

前の記事:

次の記事:

no image
キリンの首の長さ

映像を見る間でもなく、キリン首は長いです。 「キリンの頸椎は...

ホネ取り便利グッズ

….というわけで骨格標本作りに使う道具の紹介と解説でも〜と思ったんだけ...

no image
海外から○○を持ち帰る方法とは

友人のKさんが9月に台湾に行くらしい。 「いいなぁ〜。あ、おみやげに...

間違い探し

前にアップした鶏手羽先の骨格標本の写真。 実は骨のくっつけ方...

ヤモリの骨

現在製作中のトッケイヤモリ全身骨格。 トッケイヤモリは日...

→もっと見る

PAGE TOP ↑